バツイチ女性との出会い|ミントC!Jメールの掲示板

バツイチ女性と援交の出会い

出会い系サイト”ミントC!Jメール”の掲示板で出会いを作った30代後半のバツイチ女性は、アルバイトで双子の養育をしているということで、聞くまでもなく生活が大変そうでした。

 

おおよそそこに至った経緯を聞かされ、現在は東京都内某区の母子寮に住んでいて、アルバイト収入で不足する分は生活保護で賄っている話などを聞くに及び、ぶしつけながら援助を申し出ました。

 

援交条件の内容として、金額は相場の2.5Kを提示するとすぐ、交渉が成立しました。

 

ラインは使っていないということでしたので、細かい話は携帯でしました。

 

出会い系サイトで知り合った女性は、意外にラインを使っていない人が多いですね。

 

先方指定の場所に出向くと、20代でも通るくらいの小柄でキュートな女性が立っていました。

 

待ち合わせ場所に土地勘はありませんでしたが、事前にホテル等は調べておきましたので、要領よくチェックイン出来ました。

 

話は最初から付いていますので、喫茶店に入って自己紹介するだとかの手間は省きました。それに想像以上の上玉でしたので、そんな時間ももどかしかったというのが本当のところです。

 

いつも思うことですが、こんな上玉と美味しい関係を作れるのも、すべてはミントC!Jメールみたいな出会い系サイトあればこそです。その中でもアダルト掲示板の盛況振りが決め手になっているように思います。といいますのも、もし掲示板がなく、従来の女性会員のプロフを読んだ男性会員がメールを出し合うスタイルだと、利用しないのではないかと思われる層の女性が、気軽に書き込みをしていたりするからです。

 

Mさんとしておきますが、件の女性なんかは典型的なそのタイプです。くどくどしいメール交換なんかをする人ではありません。だいたいバツイチで子育てに必死な状況ですから、そんな時間もないのだろうと思います。

 

えてしてそういう女性の方が思いもよらない上玉が潜んでいたりするような気がします。というのも、彼女も決してしたくてしていることではないでしょうから。

 

それだけに悪いことをしているような気持ちも少し生じつつも、逆になんとも言えない快感を経験することも出来たのでした。

 

いずれにせよ、諸般の事情あってのことですから、条件付の女性に対しては、出来るだけスピーディに対応してあげ、即決即断くらいの男気を見せてあげることも時に、必要なのかなと思ったりもしました。